Shiogama HighSchool
校 章 由 来
校章について
 平成22年度4月の塩釜高等学校と塩釜女子高等学校の統合にあわせて平成21年度に新しい学校にふさわしい校章図案を募集しましたところ,全国各地から76点の作品が寄せられました。 その中から,現塩釜高等学校3年藤野渚君の作品が最優秀賞として選ばれ,その図案をもとに新しい校章が作られました。
新校章の由来
 塩竈の地を象徴する塩の結晶体と塩竈桜を図案化。塩の結晶体は本校の団結を表現し,塩竈桜は生徒の輝きや喜びを表現している。
文字


宮城県塩釜高等学校 校歌
俵  万智    作詞
西脇 久夫    作曲
♪音源(mp3)はこちらから♪
  (無断コピー禁止)
歌:ボニージャックス
ピアノ:石黒 孝子
1 塩竈はその昔 藻塩焼く煙立つ
  大切な塩つくる 美しい海のまち
  ここに集まり  ともに流そう
  青春の塩   汗と涙を
  塩釜 塩釜 塩釜高校
2 塩竈は今もなお 男坂女坂
  花びらの重なりて 美しい桜さく
  ここに集まり  ともに探そう
  青春の花   友と学びを
  塩釜 塩釜 塩釜高校
ページのトップへ戻る